教室紹介

2014年4月、愛知県知立市にて開校。当スクールでは、そろばん学習により子供たちに珠算式暗算を習得してもらうとともに暗算力だけではなく、集中力、記憶力、忍耐力、想像力、さらには協調性、積極性、そして主体性を身に付けさせ、人間力を高めるお手伝いをさせて頂きます。また、塾名のマイスター(ドイツ語:Meister)とは巨匠、熟練者、そして名人といった意味があります。すべての生徒に珠算式暗算を習得してもらい、計算機がなくても誰よりも早く計算ができる、そろばん、あんざんマイスターになってほしいと思っています。

目標・指導方針

そろばんマイスタースクールでは、すべての生徒に珠算(そろばん)式暗算を身につけさせることを目標としています。珠算式暗算の利点は筆算や電卓とは違い、頭の中のそろばんで計算ができるため、計算道具は何も必要なく答えを導き出せるということです。珠算式暗算を習得し、暗算検定試験1級に合格する実力がつけば748×69=51,612 〔68,976÷72=958〕といった問題でも、数秒で答えを出せるようになります。そろばんでは進級するたびに検定試験があるため、子どものうちから緊張感を味わう場面を多く経験できます。また、検定試験以外にも競技大会へ積極的に参加をしていきます。検定試験では自分自身との戦いですが、競技大会ではまた違った、ライバルたちと競い合うことができます。そのような経験から、そろばんを通じて子どものうちから向上心が育ちます。当校では、一人ひとりに目標を持たせること。そのために、何をしたら良いかを自ら考え行動できる子を育てます。この力は、将来の人生においても必要不可欠なものです。

今、なぜそろばん?

かつて多くの子供たちが習っていたそろばん。電卓の普及に伴い、そろばん人口は減少していきました。しかし、今またそろばん人口は毎年増加しています。それは、そろばんが単なる計算道具ではないから。一般の人は計算をするときに左脳を使いますが、そろばん経験者はそろばんの珠をイメージ化して計算するため、右脳を使います。そろばんは計算力はもちろんのこと、記憶力や集中力、自学力等を身につける能力開発器具であり、頭の土台作りをします。

年間行事・予定表

日 時
大 会 名 地 域
 4月 そろばんあんざんマイスターカップ 当スクール
 4月 全日本ユース珠算選手権大会 京都府
 7月 七夕そろばんワールド 静岡県
 7月 そろばんグランプリジャパン 兵庫県
 8月 全日本珠算選手権大会 京都府
 8月 全大阪オープン珠算選手権大会 大阪府
 8月 お楽しみ会 当スクール
 9月 そろばんあんざん中部カップ 名古屋市
10月 強化練習合宿 岡崎市
10月 全日本通信珠算競技大会 岡崎市
10月 ハロウィン 当スクール
11月 全日本珠算競技大会 群馬県
11月 珠算名人位決定戦 東京都
12月 英語珠算競技大会 名古屋市
12月 そろばんクリスマスカップ 埼玉県
 1月 全国計算競技大会 大阪府
 2月 愛知県小学生あんざんそろばん大会 岡崎市
 2月 チャンピオンズカップ 安城市
 3月 西日本珠算競技大会 大阪府
 3月 All Japan Soroban Championship 東京都
奇数月 全国珠算教育連盟主催 珠算・暗算検定試験        知立市

教室概要

創立記念日:平成26年 4月 1日

新教室移転:令和 元年 5月 1日

所 在 地:知立市東上重原6丁目32-2

指 導 者:遠山 智士(珠算十段、暗算十段)

      遠山千恵実珠算十段、暗算十段